不要のパソコンやスマートフォンですがリサイクル処理後どういう姿になるのでしょうか

スマホやPCのリサイクル後の姿とは?

スマートフォン、パソコンのリサイクル後の最終の姿

徹底された再利用化

再利用化に関しては徹底した取り組みが行われており、外装などは粉砕の後新しい製品の材料として再生されます。
電子部品はスマホなどは特に貴重なレアメタル、金、銀、銅、パラジウムなどを含んでいるので、再生して新たな部品として生まれ変わります。
電池、充電器、金属部分や液晶モジュールはいくつかの行程を経ることによって素材として再資源化されます。
パソコンも同様でパソコンとして再利用可能なものはリサイクルとして製品化に役立てます。
液晶パネル、CPU、メモリ、ハードディスク、グラフィックボードなどの部品に関しては使用可能なものはそれぞれの部品として再利用されます。
そして段ボールや取扱説明書なども古紙として資源回収することによって再生します。

生まれ変わったリサイクル後の姿

こうしてリサイクル処理に出されたスマートフォンやパソコンは徹底的に分解処理され新しい製品へと生まれ変わっているのです。
これにはスマートフォンやパソコンには再利用が十分可能な電子部品や金属を多く使用しているため、それらを無駄なゴミにしてしまわないようにメーカーや政府が法令を設けて工夫を行ってきた結果です。
他にはエアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機なども同じようにリサイクル回収が行われており、部品の徹底した再利用がすすめられています。
これらも貴重な金属や電子部品を含んでおり、再利用を徹底化することによって資源の効率的で無駄のない再利用に貢献しています。
普段から意識的に心がけることによって限りある資源の有効活用を行い、私達の地球を守って行きたいものです。


この記事をシェアする